分杭峠-日本のパワースポット 霊性向上,財運,健康運アップ

究極のパワースポット分杭峠


分杭峠は長野県伊那市と、下伊那郡大鹿村の境界にある標高1424メートルの峠です。静岡県にある秋葉神社へ向かう街道として、古くから利用されてきました。

日本最大で最長の巨大断層地帯である中央構造線の真上に位置し、二つの地層がぶつかり合うということから、エネルギーの凝縮したゼロ磁場で世界でも有数のパワースポットとされています。断層の両側から正の力と負の力が押し合って、局部的にゼロ磁場が作られるのです。ゼロ磁場は人の心身を活性化し、力を与え元気にしてくれるとされています。これが、分杭峠が癒しのパワースポットとされる所以です。中央構造線上は、伊勢神宮、諏訪大社、石槌山、阿蘇山などの聖地やパワースポットが多く点在しています。

分杭峠を訪れるには、シャトルバスの利用が便利です。分杭峠ふもと粟沢駐車場から15分で到着出来ます。運行状況はインターネットで検索することが出来ます。ゼロ磁場まではバスを降りてから徒歩約15分です。峠の木々の中を歩くと、森林浴も兼ねてこの地のパワーをしっかり体感することが出来ます。日々の喧騒を忘れて、自然の気とゼロ磁場から発せられる気によって身体が浄化され、新しい力がみなぎってくるのを感じられます。