伏見稲荷大社-日本のパワースポット 霊性向上,財運,健康運アップ

千本鳥居が圧巻の伏見稲荷大社

伏見稲荷大社は伏見区の稲荷山の麓に本殿があり、稲荷山全体が神域とされています。信者から奉納された、約1万基の鳥居が稲荷山にはあります。『千本鳥居』と呼ばれており、狭い間隔で鳥居が多く建てられ京都の観光名所にもなっています。鳥居の奉納の歴史は古く、江戸時代から続いている慣わしです。

伏見稲荷大社は、商売の神様として地元の人たちからも長く愛されている場所です。毎月1日には多くの商売人が伏見稲荷大社を訪れます。鳥居を潜って奥社を越え、山頂に辿り着くまでの道のりには沢山の末社が並んでいます。中腹には上之社神蹟をはじめとする9つの社、山頂付近には田中社をはじめとする11の社があります。その中でも、圧倒的なパワースポットと呼ばれるのが、稲荷山の中腹にある熊鷹社です。勝負事と商売繁盛の神様が祀られていて、大きな勝負事や事業を始めるときに訪れると強いパワーを授けてもらえます。

奥社には『おもかる石』と呼ばれる運試しの石があります。石の前で願い事をし、おもかる石を持ち上げます。思っていたより石が軽いならば願い事が叶い、重ければ願い事が叶いにくいと言われています。伏見稲荷大社のパワーを存分に感じるついでに運試しもしてみると良いでしょう。