縁結びの出雲大社-日本のパワースポット 霊性向上,財運,健康運アップ

縁結びといえば出雲大社


縁結びのパワースポットとして有名な出雲大社は、大国主命が祀られている神社です。その歴史はとても古く、神代の時代まで遡ります。大国主命が司っている縁は、男女間だけでなく、自然界を取り巻く全ての縁を指しているのです。生まれた土地、出会った人、仕事、全て縁による結びつきだということを教えてくれます。大国主命は神話『因幡の白兎』で、サメに襲われたウサギの傷を治す方法を教えたとあるように、優しさと癒しの神様です。優しさと癒しのエネルギーを感じたい人にはお勧めのパワースポットです。

毎年旧暦の10月には、全国の八百万の神々が集まることでも有名です。10月を神無月と言いますが、島根県の出雲地方では神在月(かみありづき)と呼ばれます。

出雲地方は縁結びのパワーが強い土地柄なのですが、出雲大社の中でも本殿の裏にある素鵞社(そがのやしろ)は特にパワーの強い場所です。素鵞社の後ろにある八雲山を従えているからです。八雲山自体もご神体とされており、出雲大社のパワーと相まって強力なパワーを発している場所となっています。男女の縁、子宝の縁、仕事の縁、お金の縁、求める縁はそれぞれですが、縁を結びたい人は出雲大社へ行ってみてください。