沖縄の斎場御嶽-日本のパワースポット 霊性向上,財運,健康運アップ

琉球の歴史が色濃く残る斎場御嶽


斎場御嶽(せーふぁうたき)は、2000年に首里城跡などとともに、琉球王国のグスク及び関連遺産群としてユネスコの世界文化遺産に登録されました。沖縄本島は第二次世界大戦により甚大な被害を受けましたが、斎場御嶽は戦火を免れ昔の表情を今なお残している場所です。名前の通り琉球王国最高の御嶽とされ、国家の最高神職であった聞得大君が管理を行っていました。かつては御嶽の全てが男子禁制とされており、国王であっても御門口より先に進むには着物の衿合わせを女装に改めなければなりませんでした。

多くのパワースポットにあるような鳥居はありませんが、ジャングルのような森林や存在感のある磐座があり、見えない神社があるかのような威厳がそこにはあるのです。大庫理(うふぐーい)や寄満(ゆいんち)、斎場御嶽のシンボルでもある三庫理(さんぐーい)といった祈りの場所や磐座が現在でも大切に保存されています。

斎場御嶽のある森の中には生物、生命、大地のエネルギーが満ち溢れています。強い生気が漂っており、何かを生み出すパワーを貰うことが出来ます。人生の中で岐路に立ち迷いが生じているときは、進むべき道が明らかになるとも言われています。ただ、沖縄のパワースポットは心が健康な状態でない場合は土地の気に囚われてしまうと言われているので、心身共に健康な状態で訪れるようにしましょう。


宮古島の麻炭パウダー