陰陽道の晴明神社-日本のパワースポット 霊性向上,財運,健康運アップ

陰陽師の火付け役晴明神社


安倍晴明は、平安時代に朱雀、村上、冷泉、円融、花山、一条、六代の天皇に仕えた天文陰陽博士です。この安倍晴明が祀られている京都の晴明神社は、近年では漫画化、映画化された『夢枕獏』の小説のヒットにより全国から多くの人が集まるようになりました。近年の陰陽師ブームの代表でもあります。晴明神社は安倍晴明が亡くなった後、安倍晴明の遺業を称え一条天皇によって創建された神社です。

晴明神社のあらゆる場所に『五芒星』が描かれています。『晴明桔梗印』とも呼ばれ、天地五行をかたどり、宇宙万物の浄災清浄を表す魔除けの印とされているものです。晴明神社の一番のパワースポットとも言われている晴明井にも五芒星が刻まれています。安倍晴明の神通力によって湧き出ており、病気や怪我が平癒するとされているのです。毎年立春には、水が湧き出る口をその年の恵方に向けられます。

晴明神社は様々な災害から身を守り、病気や怪我が治るパワースポットです。ただパワーを授かるだけでなく、自分についてしまっている厄を除けてくれる『厄除け桃』が境内にはあります。桃は、陰陽道では魔除け、厄除けの果物とされているのです。厄除け桃を撫でることで、厄を桃にうつすことが出来るとされています。開運のパワーを授かると同時に古い厄は厄除け桃に託しましょう。


外部リンク
晴明神社のお守り   
http://www.seimeijinja.jp/omamori/
願望成就の護符    
http://www.usumidori.com/